~ハンドメイドや日々のこととか~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
前回の更新から少し空いてしまいました^^;;

多治見の旅、後編、行かせていただきます~。


゜.:。£+゜.:。†゜.:。£+゜.:。†゜.:。£+゜.:。†゜.:。£+゜..:。£+゜.:。†゜.:。£+゜.:゜.:。£+゜.:。†゜.:。£+゜.:。


7月31日(日) 天気 晴れのちくもり一時豪雨


朝はホテルの朝食は食べずに、ゆっくりめに準備して、チェックアウト。

というのも、喫茶店の「モーニング」を食べてみたかったので^^

昨夜の澤千さんのあるオリベストリートへ再び。


2011081401.jpg


「万年青(おもと)」さんは、ギャラリーと喫茶のお店。

蔵を改装したというレトロ空間で、ゆっくりといただいたモーニングのセット。

500円なり~♪嬉しい価格^m^

サイフォン式のコーヒーはたっぷり2杯分で、とってもおいしかったです。

万年青さんで思いがけず嬉しかったのが、多治見の観光ブックが

置いてあったので、情報収集もついでに出来たことでした^^

多治見では、万年青さん以外にも嬉しいお値段でモーニングを提供してらっしゃる

お店がいくつかあるようで、愛知県に近いですしやっぱりモーニングが盛んなのかなと

友人と話していました。

観光ブックを見ながら、ランチの場所も決定できました♪


2011081402.jpg



万年青さんを出てから、オリベストリートをそぞろ歩き。

オリベストリートは、多治見の本町筋のあたりのことなのですが、

ギャラリーや骨董品店などいろいろなお店がありました。

昭和の初めころまで、陶磁器問屋が軒を連ねていた多治見の中心地ということで、

もうとにかく、古い立派な建物が多かったです!

お店やギャラリーに利用している建物のほかにも、一般のお宅だと思われる建物も、

びっくりするぐらい大きくて立派でした。

そんな街並みを眺めるだけでも、楽しかったです。


2011081406.jpg


2011081407.jpg


ときには、細い路地を歩いてみたり。


2011081403.jpg


↑こちらは、ジャンクなレトロ雑貨を売っていた三角屋さん。

かわいい外観ですよね^^


2011081404.jpg


こちらはうつわ邸さんの2階から見た中庭。

うつわ邸さんも、すごく立派な建物でした。

地元出身の作家さんの器がたくさん置いてありました。


2011081405.jpg


奥に見える小さな灯篭は、織部灯篭と言われるおもに茶室に使われる灯篭だそうで、

古田織部が創案したのだそうです。織部焼の織部さん。

千利休のお弟子さんだった方だそうで。



オリベストリートでは、ほかにもたじみ創造館や骨董品屋さんなどをいくつか見ました。

そぞろ歩きはとっても楽しかったのですが、ちょっと残念だったのは、

日曜日なのに閉まっているお店がいくつかあったこと。

あと、たじみ創造館が少し期待はずれだったこと(笑)。

外観はとってもモダンで素敵だったのですが、中がちょっと雑多な感じがしました(失礼。)

ウン十万の抹茶碗も置いてあったのですけど・・・

3枚1000円のお皿とかも、いっぱい売っていましたー。



ランチは、オリベストリートから少し(15分くらい?)歩いて、

「レヴェリエ」というフレンチのお店へ。

こちらは、昭和初期ごろに演劇場として使われていたというレトロな

洋館の中にあるレストランでした。

建物は、とっても雰囲気がありましたよ^^

窓から土岐川も眺められました。

ランチのコースは何種類かあったのですが、

10時にモーニングをお腹いっぱい食べていたのであまりお腹はすいてなくて(笑)、

1200円の一番安いコース(シェフの気まぐれ)にしました。

お店の雰囲気もいいし、期待できるな~、とここまでは良かったのですが。

・・・・

待てど暮らせど、料理が出てこないのです^^;

周りのお客さんも、同じくらい待たされてるようだったのですが、

30分経ち1時間経ち・・・

「今頃、畑に野菜採りに行ってんじゃないの?」

なんて、友人と最初は笑ってましたが、そんな気力も次第に消え失せて、

待ちくたびれた挙句。


2011081408.jpg


出てきたメニューは、まあ、けっこう普通のパスタランチでした(笑)

いや、おいしかったですよー!特に、アルデンテ加減なんか抜群でした。

でも・・・パスタのコースじゃなくて、わざわざ「シェフの気まぐれ」選んだんだけどな・・・(笑)

さすが気まぐれ~♪

後日、レヴェリエについて口コミとか調べたのですが、特に待たされるとかは

書いてませんでしたので、きっとたまたまだったのだと思います。

私たちは最終的に、パスタランチを食べるために、2時間ぐらいかかっちゃいましたけどね^^;

それと・・・

じつはこの2時間の間に、集中豪雨が降って、去って行ったのですね。

だからまぁ、豪雨をやり過ごせたと思えば、これも何か神の思し召しだったのかもしれません。

あの横殴りの雨の中、歩くのは無理だったでしょう。

こういう予期せぬハプニングってのも、旅の醍醐味ですよね♪



旅もいよいよ終盤。

最後に向かったのは、「カトリエム・メゾン」。

この旅ゆいいつ、ヨーロッパな雰囲気の場所だったかも。

多治見の中心街からだいたい車で15分くらい移動しました。

とても静かな場所にありました。


2011081410.jpg


カトリエムさんはお花のお店なのですが、こちらのメゾンでは、

お花と一緒に世界中のアンティークな雑貨などが展示販売されていました。

建物を見ていただいても、素敵な雰囲気が伝わるのではないでしょうか。


2011081409.jpg


お店の中は、もうほんとに素敵すぎる世界でした(*´艸`)

観葉植物、多肉植物、アジサイなどのドライフラワーや見たことのない

お花たちといっしょに、古い道具たちが溶け込んでいて。

私が目を惹かれたのは、蝶や昆虫の古い標本箱。

什器なのか、販売しているのか見分けがつかないくらい自然に、古い家具類も売っていました。

それと、入り口近くに大きな動物の頭の骨が飾ってあって(たぶん草食系の動物かな)

それを見たら、風の谷のナウシカを思い出しました。

このお店は、(あくまでも私の勝手なイメージですけど)

「魔女の宅急便」のキキの実家と、「風の谷のナウシカ」の地下の秘密の部屋

(ナウシカが、腐海の胞子の研究をしていた地下室)

を足して2で割ったような場所でした^^

あ~、こんなお店が、京都にもあったらいいのにな・・・・

1回見たら終わりというのではなくて、身近にあってほしいお店ですね、ここは。



2日間の多治見の旅もこれで、終わり。

とても充実した、ツボを刺激された旅でした。

多治見や多治見近郊には、まだまだ今回行けなかった素敵な場所がいっぱいあって、

何度も通いたい町のひとつになりました^^

友人と、また来ようね、と誓い合いました(*´艸`)



最後に、この旅の戦利品です~♪


2011080101.jpg


多治見修道院の売店で買った、修道院ワイン、メダイ、チャーム、ホリーカードたち。


2011080102.jpg


チャームは、ロザリオ風のネックレスとブレスレットにしたいのですが、

チェーンを買わなくては^^;



2011080103.jpg


ギャルリももぐさで購入した安藤雅信さんの銀彩のお碗と小さな片口。

陶林春窯さんで購入した、kanehenさんの鉄の小さなお皿。


2011080104.jpg


こちらはお茶セットとして、早くも大活躍しています^^

コーヒー、紅茶の時は片口をミルクピッチャーとして使っています♪

茶筅を買ったらお抹茶にも使いたいなと思っています。

使ってない時も、戸棚の中で鈍く光る銀色の器が見えると、

ひとりでニヤニヤしてしまいますよ~(笑)

銀彩の色合いの変化もまた、楽しみです。



長々と記事にお付き合いありがとうございました。

多治見に旅行をお考えの方がいたら、プランの一つとして参考にして

いただけたら、嬉しいです♪







スポンサーサイト
[ 2011-08-15 (Mon) 15:01 ]   Comment(0)
Theme:国内旅行記旅行   Category:おでかけ・旅行
ギャルリももぐさを出て、ふたたび市街地へ戻り、

次に向かったのは、「陶林春窯(とうりんしゅんよう)」

おもに多治見の若い作家さんを中心に扱っている器のお店(ギャラリー)です。


2011080816.jpg


住宅街の中に普通にありましたので、ちょっとびっくりしました。

ある意味、隠れ家的な・・・


こちらのギャラリーもカフェを併設していましたので、

3時も過ぎていましたし、とりあえず一服することに(*´艸`)

椅子席、座卓、ソファなどなどいろいろな席があって、

誰かの家に招かれたような、すごく居心地のいい空間でした。

その中で、いろんな作家さんの器も見ながら、のんびりとお茶出来ました^^


2011080810.jpg

2011080811.jpg


地元の作家さんの器なのでしょう。

すごく素敵な器使いですよね~^^

私は、紅茶とかぼちゃのケーキのセットを。


2011080812.jpg


友人はお抹茶(羊羹つき)を、いただきました。

ももぐさカフェでもそうだったのですが、こうして実際に

売っている器で出していただくと、使い方の参考になって、

すごくいいですよね~^^


2011080814.jpg


ほっこりしました^^*



また今回、青木良太さんという作家さんの作品展をやっておられて、

この方は、今回初めて知ったのですが、

岐阜県の土岐市に拠点を置かれている若い作家さんで、

ものすごく人気のある方なのだそうです。

作品は和とも洋ともつかないような、モダンでかっこいいイメージでした。

ティーカップ&ソーサーが、特にかっこいいな~~と感じました~^^

今回は買えませんでしたが、気になる作家さんがまたひとり増えました♪


2011080813.jpg


(友人@陶林春窯 勝手に載せちゃったよ~、許して♪)


こちらの陶林春窯さんでは、鉄の小さなお皿をひとつだけ、お持ち帰りにしました^^

ももぐさで買った器たちに、ぴったりのイメージだったので。

帰ってから調べたら、長野県の木曽で活動されてる女性の方でした。

木曽は小さい頃住んでいた、思い出深い場所・・・

なんだか、ご縁を勝手に感じてしまいました^^*

kanehenさん


こんな出会いもまた、楽しくて。



陶林春窯さんは暮らすように器を見れる、ゆったりとしたギャラリーです^^

若手の作家さんの作品と、出会いを見つけられるかも♪




さて、夕方5時半くらいになり、早めにホテルにチェックイン。

多治見で唯一残念なのは、宿泊施設ですね・・・

いわゆるホテルしかないのです。

しかも、ビジネスホテルっていうやつですね^^;

もっと民宿的なのとかあったら良かったのだけど。


ホテルにチェックインしてびっくりしたんですが、

私、一部屋の料金と一人の料金と間違えてまして。

ツイン一部屋で一泊7200円でした。(安っ!)

いくら素泊まりとは言え、ひとり3600円て・・・安すぎません?

そんなもん?

しかも、駅から歩いて3分の繁華街ですよ~。

お部屋も、ふつうに掃除は行き届いてましたし、

数々の激安旅行を経験している私たちとしては、全然問題ないレベルでした(笑)



夕飯は、ホテルから少し歩いて(10分くらいかな)

本町オリベストリートというところにある、「澤千」さんで。

多治見って、うなぎが有名みたいですね、知らなかったのですが。

焼き物をするのに、何日間も寝ずに窯の番をしなくてはいけないので、

うなぎを食べて、スタミナをつけるようになったのが、

そもそものはじまりみたいですね。

澤千さんも、100年以上の歴史があるとのこと。


2011080815.jpg


入り口から、おしゃれです~^^

中も和モダンなインテリアで、素敵でした。

老舗ですが、入りやすい雰囲気で。


2011080817.jpg


2011080818.jpg


2011080819.jpg


2011080821.jpg


2011080820.jpg


ふたりとも、うなぎ会席の4100円のコースにしました。

友人はひつまぶし、私は上丼を選びました。

地元の作家さんの器に盛りつけられた料理たちは、

とっても綺麗でおいしくて、うなぎは皮はぱりっとほのかに苦みがあって、

身はふんわりと柔らかく。

丼はかなり大盛りで、最後苦しかったのですが、

ほんとにおいしかったです~~^^


お酒もちょっと入って、ほろ酔いで、

土岐川の川風に吹かれながら、ホテルまでのんびり歩いて帰りました。

最高に気持ちよかったです♪



ホテルに帰って、ほんとは修道院ワインで第2ラウンド行きたかったのですが、

ワインオープナーがありませんでしたΣ(゚Д゚;o)

今回の旅の教訓は、ワインオープナーと栓抜きは旅の必需品に入れるべし!です(笑)


ももぐさで集中力を使いすぎたせいか(笑)、ややお疲れ気味で、

お風呂に入ったら、すぐに寝ましたよ~^m^



多治見の旅、2日目は後編へつづく!





[ 2011-08-08 (Mon) 22:20 ]   Comment(0)
Theme:国内旅行記旅行   Category:おでかけ・旅行
先日(7月30・31日)、親友と岐阜県の多治見市へ「女ふたり旅」に行ってきましたので、

ご報告をさせてください~^^

ちょっと長くなりそうなので、前・中・後編に分かれます~!

まずは前編から・・・・




7月30日(土)、天気晴れ。

午前10時に多治見駅で友人と待ち合わせ。

名古屋からの電車の本数を考えておらず、まんまと5分ほど遅れの私^^;;

友人は長野から、車で多治見まで。

そうなんです、旅の現地移動はいつも、友人に頼り切り・・・

今回も頼りになります、Aドライバー!


2011080801.jpg


多治見駅から車で10分ほど移動、まずは「神言会 多治見修道院」へ。

午前中の静かな空気と晴れ渡った空のもと、教会がとても美しく映えています。



旅の計画を練っているとき、多治見の地図を眺めていて、

偶然この教会のことを知ったのですが、調べてみたらとても立派な教会だということが分かって。

教会という場所をちゃんと見るのは初めてだったので、とても楽しみでした。


2011080802.jpg


聖母子像。


建物の中は、神聖な場所なので撮影は禁止でしたが、

正面のイエス様、そしてマリア様、また聖堂の両脇の壁面には

イエス様の生涯を描いた壁画があり、こちらも大変見事なものでした。

聖堂の中の雰囲気というのは、うまく言葉で表現できないのですが、

厳かで、心が静かになるような、とても特別な場所という感じがしました。

友人も言っていたのですが、「朝の神聖な空気で背筋が伸びるような」

そんな場所でした。


2011080804.jpg


敷地は大変広くて、緑豊かで、その中にブドウ畑やログハウス(研修センター)

などの施設がありました。

ログハウスにはそれぞれに、「ガブリエル」「ミカエル」などの

使徒の名前がついていましたよ^^

カトリック系の学校の学生さんなどが、研修をされるのだとか。


2011080803.jpg


こちらの修道院では、敷地内で育てたブドウでオリジナルのワインを

作ってらっしゃって、売店で販売もしています~^^

実は、この「修道院ワイン」も今回のお目当ての一つでした^m^

売店はさほど広くはなかったのですが、なんと予想外に、品ぞろえはかなり

充実しておりまして、修道院ワインのほか、パウンドケーキやクッキーなどの

お菓子類、マリア像やホリーカードやメダイなどの聖具類・・・・

しかも、信仰のためのものということか、お値段はびっくりするくらい良心的で。

私、さっそく物欲モード全開に(笑)

せまい売店からなかなか出てこないので、友人に心配されちゃいましたよ^^;

結局、ワイン2本とホリーカード3枚、ロザリオ1つ、メダイなどのパーツをいくつか

買ってしまいました~(*´艸`)

(戦利品の画像はのちほど。)

せっかく神聖な場所に来て、厳かな空気に触れたというのに

この物欲まみれの性根が、我ながらイタイです・・・・^^;


緑とブドウ畑に囲まれた美しい教会、多治見修道院、とてもおすすめな場所です。



さてさて、しょっぱなから予想以上に素敵な場所に行けてテンションは

上がりまくりなふたり(笑)

お次は、今回の多治見の旅で私が一番行きたかった場所、

「ギャルリももぐさ」へと、向かいました~^^

修道院から車で10分ほどでしたが・・・若干、わかりにくい場所にあり、

途中少し不安になりましたが、カーナビとHPに書いてあった案内と印刷していった地図を

駆使して、なんとか無事に辿り着きました(笑)

(素敵なギャラリーって、わかりにくい場所にあることが多いような気がする。
たとえば、安曇野の「nagi」とか・・・)

着いてみれば、11時半くらいだったと思いますが、すでにたくさんの

車が停まっていました~。

やはり人気あるんですね。


2011080809.jpg


山間の集落の中に、こつ然と現れるギャラリーです。

安藤夫妻によるギャラリーで、築100年以上の古民家を移築して開かれたそうで、

ギャラリー兼自宅なのだそうです。

安藤雅信さんの器や明子さんのサロンと呼ばれる衣服のほか、さまざまな作家さんたちの

器や道具が展示販売されています。


もう、建物だけでも、ほんとうに佇まいが素敵で・・・。


2011080805.jpg


こちらが、入り口。


2011080807.jpg


思いっきりモザイクかけてみました(笑)。


中に入ると、1階は広々としたお座敷と縁側に沢山の作品の展示があり、

奥にお茶室もあります。靴を脱いで、上がります。

入り口でスマートに荷物を預かってもらう形で、カメラも当然預けましたので、

建物内の写真はありません(笑)

靴を脱いで、しまったなと思ったのですが、靴下を持っていけばよかった・・・

素足では申し訳なく・・・^^;


ちょうど、「夏のお茶と茶箱展」を継続展示してくれていたので、

会期が過ぎていたけれども見ることができて、ラッキーでした~^^


このお茶道具たちが、なんとも・・・・

表現が正しいかわからないのですが、とにかく可愛らしくて。

私はお茶のことはまったくわからないのですが、

なぜだかこの小さな道具たちの世界観に引き込まれてしまって、

友人と正座してひとつひとつの道具組みをじ~~~~っくりと

見入ってしまいました。

最初は15万円ぐらいのお茶箱から、奥へ行くにつれて

ウン十万クラスの道具組みまで・・・

私のような庶民的な主婦には、到底手が届きませんが、

そんな作品を身近でまじまじと眺めて、ときに触れて見られる、

とても贅沢な至福のひとときでした。

また古民家という空間に、暮らしを意識して展示されていて、

そういった室礼というか、空間づくりというものも、素敵だなと感じました。


ギャルリももぐさでは、カフェも併設されていて、

安藤雅信さんの器で、お茶がいただけるんです~。

お昼はこちらのカフェで、天然酵母のパンと玄米コーヒーをいただきました。

パンはずっしりしていて、お腹もいっぱいに♪


さて、お腹もふくれたところで、2階に上がって、第2ラウンド(笑)

こちらは、おもに安藤夫妻の作品を中心に展示販売されていました。

友人とさんざん迷った挙句、私は安藤雅信さんの銀彩のカップ(というか、お茶碗というか)

と、小さな片口を連れて帰ることにしました。

友人は三谷龍二さんの茶さじほか、片口や木のカトラリーをGETしていました。


2011080806.jpg


2011080808.jpg


お庭もとっても素敵でした^^*

そんなこんなで、なんと、ぎゃるりももぐさには3時間半以上

居座っていたようです(笑)

友人と二人、食い入るように器を眺めていましたので、

若干疲れましたが、ぜんぜん飽きませんでした(*´艸`)

むしろ、また来たいね、と移動の車中で早くもそう話していました(笑)


ギャルリももぐさ、器好き・ハンドクラフト好きの方にはぜひおすすめです^m^




多治見の旅は、中編へ続く!



(今回の旅の写真は、友人撮影の写真も大いに使わせていただいてます~^^
A、ありがとう!!!)



[ 2011-08-08 (Mon) 20:41 ]   Comment(0)
Theme:国内旅行旅行   Category:おでかけ・旅行
10・10・25


先週は、ギリギリまでSmall Wishさんへの納品準備をし、

ドタバタと週末は、横浜へ夫婦で出かけてきました。

(あやうくドレスを忘れそうになるほどのドタバタぶり・・・笑)

末の弟の結婚式でした~~^^

ふたりが式を挙げた教会のステンドグラスがあまりに綺麗だったのでパシャリ。

内装は、外国の教会のものをそのまま移築(移設?)したものだそうです。

神父さんも外国人のやさしそうな方で・・・。

賛美歌も生のコーラスでそれがまた素晴らしくて。

なんだか神聖な気持ちになった式でした^^*


披露宴はイマドキの若者らしく、凝っていて盛り上がりました~~^^

あんなに大勢の若者を一度に見たのは・・・・ひさびさでした(笑)

5歳ちがうと、だいぶ違う気がする・・・というか、こう思ってしまう自分がやばいのか?!!


それはともかく、笑あり涙ありの素晴らしい1日でございました♪♪

あんなに小さかった弟が立派な社会人になって、かわいいお嫁さんをもらうまでになったのか・・・

と、ちょっぴり感慨にふけったりもしました~~(笑)



次の日は、中華街で夫婦で遊んできました^^v

中華街といっても、アジアン雑貨の店ばっかはしごしてましたが^^;

あまりにもかわいかったので、リャマを1頭連れて帰りました~♪

(あ、画像が無いです^^;)


ダンナが忙しいので、旅行どころかお出かけすらなかなかできないのですが、

ちょっとした旅気分も味わえました♪♪



さて、週明けて、Small Wishさんへの納品もなんとか完了しましたので、

またご報告したいと思います☆









[ 2010-10-26 (Tue) 02:35 ]   Comment(0)
   Category:おでかけ・旅行
お花


わっ、もう気付いたら木曜日ですか!

早いですね~~~(汗)。

先週の週末、地元で親友の結婚式があったんですが

帰ってきてから、洗濯やら片づけやらボンヤリやら

しているうちに、もう3日も経っちゃったんですね、ははは。


私にとって、とっても大切な親友の結婚式でした。

本人いわく、「サイコー」な人に出会えたとのことですが

ほんとにほんとに親友の私たちから見ても、

最高な人に出会ったな~と思います。

とても幸せそうで、とても嬉しかったです。

というか、ご両親の涙を見たら、号泣しちまいました。

ご両親にもお世話になったので。

ひとり娘なので、ほんとに嬉しいだろうなと思って・・・。

ホントにおふたりは、すべての人に心から祝福されて、

とっても幸せな結婚式だったと思います。


ところで、私、新婦の友人代表のスピーチをしたんです。

2ヶ月前ぐらいに打診されたとき、もう絶対無理、自分にはできないと

思って、本気でお断りしようかと思ったぐらいなんですけど、

自分にとってほんとに一番大切な親友ですし、

しかもふたりで京都まで来てくれて、後押ししてくれたので、

いろいろ自分なりに準備もして、今回、なんとか役目を果たすことができました。

けっしてうまくはなかったかもしれないですが、

あんなにたくさんの友人がいる中から、こんな私を選んで

くれたんだなと思って、とっても嬉しい気持ちになりました。

一度は断ろうとしていたくらいなのに、それでも頼んでくれた親友に

すごく、とても、感謝の気持ちでいっぱいです。



写真はいただいてきたお花でーす。

ぽんぽん菊が、かわいいですね♪



これからは夫婦ぐるみで、仲良くしていきたいな~♪

おじいちゃん、おばあちゃんになっても♪


[ 2008-11-06 (Thu) 11:24 ]  
Theme:国内旅行旅行   Category:おでかけ・旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。